アナタにとっての自由ってなんでしょうか?
中国人の目標とする最終的な自由は「アレ」だそうです。
日本人には余り考えたことが無い部分では無いでしょうか。

中国版LINE「WeChat」の「モーメンツ」機能で、
複数人の中国人が同じ記事を投稿していました。
多分中国人には共感できる内容なんでしょうね。

どんな記事が掲載されていたのかというと、
「中国人の経済的な自由度を9段階に分けたらアナタは何段目?」
という見出しの記事。

具体的には一段目からこんな段階に分けていました。
初段:スーパーマーケットの自由
二段:レストランの自由
三段:旅行の自由
四段:自動車の自由
五段:学校の自由
六段:仕事の自由
七段:治療の自由
八段:家の自由
九段:国籍の自由

初段、二段、三段、四段、八段は物欲に関すること。
お金があれば自由に何も気にせずに買い物ができますからね。

日本人でも分かるー的な部分もあるのですが、お国柄が出ている部分もあります。
日本人からすれば五段、七段、九段が分かり難いかも知れません。

五段の学校の自由

例えば北京の大学に北京以外の戸籍の中国人は北京戸籍の学生より
点数を多く取らないと不利だったり、
そもそも上海の戸籍が無いと上海の学校に通えない、
行きたい学校の区域外からは通えないなど、日本以上に制限があるため。

七段の治療の自由

経済的余裕があれば中国で治療を行うより国外の優れた技術を受けられる、
中国国内でも治療費が莫大にかかる事もあり治療を行う事ができない、
もしくは治療を行う日程も人脈があり「施し」次第で日程が早くなる等。

九段の国籍の自由

経済的な余裕があれば、他の国に国籍を変えて住むことができる。
という事なのですが、多くのお金持ち中国人はカナダやフィリピン、オーストラリアなど、
中国を離れて悠々自適な生活を送っている人もおり、
私の友人からも「金を稼いで何れは海外移住!」と話す人も。

移住をすれば国によって医療が充実していたり、物価の安価であったり、
空気や水などの生活環境も綺麗で生活がし易いので検討しているようです。

日本語が話せる中国人の友人は、日本は医療、生活環境、物価も上海より安い、
それよりも日本人の丁寧さや優しさ、サービス精神、街の綺麗な点を考えると、
「日本がいいなぁー」と漏らしていました。

しかし「猫ひろし」以外の日本人のどの位の数の人たちが、
「日本の国籍を他の国の国籍に変えよう」と考え、
中国人のように行動に移すのでしょうか?

この辺の日本人には思いもつかない発想点かも知れません。

今日の振り返り!中国語発声

自由 (zì yóu) 自由

户口 (hù kǒu) 戸籍

スポンサーリンク