日本でも導入店舗があるようですが、
親子連れにも受け入れられそうな調理器具です。

中国人の友人と訪れた飲食店。
友人お薦めの店舗という「丰茂烤串 银亭路店」
チェーン店との事ですが、ここの店舗が他の店舗に比べて品、
サービスが良いと太鼓判を押す友人。

店名からも分かる通り「串焼き」の店舗なのですが、
中国では一般的になっているお客が自分で焼き上げるスタイル。
自分で焼くなんて面倒!と思われるアナタ。

この動画をご覧ください。

串が自動的にくるりクルリ左に右に回転しながら焼き上げるのです。
日本で回転寿司が人気ですが、こちら中国では回転串焼きが人気です。

この焼き機のコンロの作りは非常に簡単。
焼串は金属製で持ち手側に星状の歯車が付いています。
この歯車がポイントの一つですが、焼台の部分に均一に四角い穴が空いていて、
この穴が左に右に移動。焼台のクボミに置いた焼串の歯車と四角い穴が合致。

焼串が左にコロコロ、右にコロコロと動きながら自動的に串が焼かれます。
焼きあがった串は焼台の上部にある焼き上がり専用の置き場に移動。
冷めることなく焼きあがった串を保温。下で焼いて上で保温、よく考えたものです。

この焼台、炭を使って焼くため徐々に炭が小さくなり火力が無くなるのですが、
その辺もしっかり考えられていて、焼台の横にあるボタンを押すと、
炭を置いている部分が上昇。焼き串と炭の位置が近くなり無駄なく炭を使えます。

写真のような鶏の足など焼き難い素材や牡蠣やホタテなど串が刺せない素材は、
店舗側で焼き上げてテーブルまで運んでくれます。

お客が自らで焼き上げるのでスタッフの労力は少なくて済みますし、
自分好みな焼き加減にでき、見た目も楽しめるこの自動串焼き機、
中国ではメジャーな機械なのです。

日本でも少し導入されているようですが、
磯丸水産にもある自分焼きのスタイルと同様、串焼き店舗で導入すれば、
流行る可能性があるのではないでしょうか?

この店舗は焼き串の定番「羊肉」もですが、「牛肉」とサイドメニューのキムチがお薦め。
店舗名に「朝鮮族」と文字が書かれているのですが、
中国の少数民族の朝鮮族の食べ物をベースにメニューが作られ、
朝鮮族の食材の一つでもあるキムチが美味いのも頷ける味でした。

冷蔵庫で冷やした32度の壺入り白酒も、白酒独特のニオイも少なく、
焼酎のように楽しめ、焼き串との相性はバツグン。
串焼きのお供に是非、白酒をチョイスしてみてください。

名店データ:丰茂烤串
住所:虹桥镇吴中路1345号(银亭路68号)天乐广场201室
地図はココから

今日の振り返り!中国語発声

炉具 (lú jù) コンロ用具

烧烤 (shāo kǎo) 炙り焼き

スポンサーリンク