色にも意味があるのです。

ベッドメイク忘れの部屋を後にして新しい部屋にチェックイン。
ようやく夕食へ向かおうとドアに手をかけたのですが、
ドアの部分にこんな記載がされていました。


公安机关提示
gōng ān jī guān
公安機関からのお知らせ。

禁止黄,赌,毒
jìn zhǐ huáng dǔ dú
ポルノ、賭博、ドラッグは禁止

贵重物品请妥善保管
guì zhòng wù pǐn qǐng tuǒ shàn bǎo guǎn
貴重品は適切な保管を

中国でホテルに宿泊すると一度は目にする機会がある、
こんなプレートのフレーズ。

「ポルノ」
日本の場合は「ピンク」を連想すると思いますが、
中国の場合は「黄」が「いやらしい」意味を関連させるのです。

しかし元々は中国で「黄」と言えば、
「黄帝」と言う伝説の帝王の名前から「黄色」は高貴な色。
しかし全く反対とも言える「いやらしさ」を表現しているのは何故なのでしょうか?

調べてみると1894年イギリスで「イエローブック」という文芸誌が、
「デカダンス」を象徴する雑誌として発刊されました。

「デカダンス」とは「退廃的(たいはいてき) 」という意味だそうで、
風俗や気風がくずれて不健全になること、
19世紀末に既成の価値や道徳に反する美を追い求めた芸術の傾向。

「イエローブック」内に堕落的な表現や官能的な表現などがあったのでしょう、
「イエローブック」が元になり、中国で「黄色=堕落した表現、いやらしさ、風俗」を、
連想させるようになったというのが有力な説のようです。

そのため現在では俗語としてこんな表現も。
「黄话(huáng huà)猥談」「扫黄(sǎo huáng)ポルノを一掃」

国が変われば色の意味も違う、黄色の謎の紹介でした。

今日の振り返り!中国語発声

黄 (huáng) いやらしい/ポルノ

赌 (dǔ) 賭博

毒 (dú) 麻薬

スポンサーリンク