相手を尊敬しつつも、一つ一つ物事を確認して、
更に確認していく場合などに使っています。

「~では無かったでしょうか?」「~だったと思うのですが?」
のニュアンスがある際に使っています。
(話し手=聞き手or話し手<聞き手)是的不是的?とは使いません。返答の返し方としては、是,是的,不是,不是的と回答します。

スポンサーリンク