海外生活、毎日楽しく健康な身体作りを考え始めています。
アナタ独自の健康法ってありますか?

お付き合いのある日本の会社の方から
「家族で5年間続けてますよ!風邪知らずです。」と聞いて気になっていた品が。

それは「黒ニンニク」と呼ばれる品。
ご存知の方も多いと思いますが、「黒ニンニク」は生のニンニクを熟成させた品。
生の状態の時よりも有効成分が多く、ニンニク独特のニオイが少ないのが特徴。
生ニンニクと同様に滋養強壮の他に抗酸化作用などが期待できるそうです。

仕事で中国のある地方を訪れた際に、訪問先の社長さんから、
「弊社の業界とは違うのですが、日本の黒ニンニク製造機械を輸入して、
中国でも黒ニンニクの製造を始めるのですよ!ガハハハッ」
と、中国で黒ニンニクを製造している情報をキャッチしていた事もあり、
ネットで入手経路を調査してみました。

「黒ニンニク」の中国語「黑大蒜(hēi dà suàn)」で検索すると、簡単にヒット。
折角なので試しに一袋購入することに。お値段500グラムで60元ていど。

翌日の夕方には山東の直販店舗から自宅に届いたのですが、
パッケージにはこんな文字が。


中国蒜制品行业的领跑者 宏年万 黑大蒜
zhōng guó suàn zhì pǐn háng yè de lǐng pǎo zhě hóng nián wàn hēi dà suàn
中国ニンニク製造業界の先駆者 宏年万の黒ニンニク

早速袋を開いてニンニクを確認してみることに。
日本で見ていた黒ニンニクの粒に比べると中国産は小粒。

生ニンニクも日本産、特に鹿児島や青森産は特に大粒で、
中国産は小粒なため、加工した黒ニンニクも中国産は粒が小さいようです。

パクっと一口。初チャレンジの「黒ニンニク」だったのですが、
本当に生のニンニクとは一線を画す味。
独特の香りも殆どなく、甘くねっとりとした歯ざわり。
ネットの載っていた「プレーンを食べているよう」と言う表現も頷けます。

日本産と効果がどの程度違うのか分かりませんが、
物は試しに毎日2欠片ていど、継続して食べてみようと思っています。
継続は力なり。

日本で流行って「身体にいい」という製品については、
直ぐ様中国でも加工や販売が始まるのは、
中国で長期間生活している日本人からすると非常に心強い点。

中国人も日本人と同じく「健康に関する品」には、
敏感にキャッチして取り入れるのでした。

今日の振り返り!中国語音源

黑大蒜 (hēi dà suàn) 黒ニンニク

滋养 (zī yǎng) 滋養

スポンサーリンク