*

中国の隠元和尚が持ち込んだ野菜。いんげん豆【四季豆】

四季豆 (sì jì dòu) いんげん豆

あの植物は中国から日本長崎に持ち込まれたのですね。

中国の「清明節」に併せて日本に一時帰国のジンダオ。
故郷の墓参りをしているのですが、我が家の墓があるお寺の周辺は、
「寺町」と呼ばれる場所で、その名の通り寺院が並ぶストリート。

他の地域にも「寺町」というのがあるそうですが、
長崎では鎖国の影響もあり一般的な日本式のお寺いがいに中国伝来の「唐寺」も並んでいます。
唐寺の特徴の一つとして漆を使って朱色に塗られている点。
中国人が見て「何で中国のお寺が日本にあるの?」と思うくらい、同じような様式です。

その長崎の寺町にある「興福寺(こうふくじ)」前を通ったのですが、
朱色の門の横に少し似つかわしくない黄色いノボリが。

ノボリを見てみると「熱烈歓迎隐元和尚」と中国語の文字と、
徳の高そうな和尚様の似顔絵が。

この和尚様の名前は「隠元和尚(いんげんおしょう)」
時は1654年、興福寺の熱烈なラブコールを受けて来崎。
来崎時の「隠元和尚」の年齢は既に63歳。かなりのご高齢で海を渡られたそうです。

その際に「隠元和尚」は、お弟子さん、中国の各種職人を引き連れて長崎に上陸。
一年ほど長崎に滞在された後は日本各地を周り82歳で死去される20年間、
日本に滞在して仏教界の発展に尽力されたのだとか。

そんな和尚様と共に海を渡ってきた職人が、
建築、書、彫刻などの中国文化を日本国内に影響を与えたのですが、
同じく日本に持ち込んだ植物も日本で広く定着していきました。

その持ち込んだ植物の一つが「いんげん豆」
「いんげん豆」は精進料理で利用される点、育てやすい点が広く受け入れられ、
日本の食文化にも根付いたのだとか。

中国では「いんげん豆」の事を「四季豆(sì jì dòu)」「扁豆(biǎn dòu)」等と呼ぶのですが、
中国名が定着せずに、和尚様の功績から「隠元(いんげん)」の名前を用い始めたそうです。

隠元和尚、「いんげん豆」以外にもモヤシ、落花生、
スイカ、蓮、孟宗竹などを持ち込んだと言われています。
中国伝来の品、私達の身の回りに意外と多いのですね。


お寺データ:興福寺(こうふくじ)
住所:長崎市寺町4番32号
創立:1620年
ホームページ
地図はココから

今日の振り返り!中国語音源

四季豆 (sì jì dòu) いんげん豆

隐元和尚 (Yǐn yuán hé shàng) 隠元和尚

広告A

広告B

広告C

FACEBOOKページにご参加ください

活きた中国語を覚えよう。1160日登録率No.1中国語メルマガ。

ウェイシン(wechat)の使い方設定マニュアル入門編
特選!読んで納得の中国書籍のご紹介

音源構成はこんな感じ。
まず男性の声で日本語表現。その後、段文凝さんの中国語表現となっています。

この構成、私は大変好きなんです。
その理由はまず聞こえてきた日本語で中国語の意味を考え、
自分で中国語に訳が出来るか、そして正しい訳だったか?を考えて聞けるから。

その上、毎日段さんの声を聞きながらレッスンが♪
折角だったら素敵な声を聞いてレッスンしたいですよね。

日本語と中国語の間隔も良い感じで空いていますし、
ゆっくりした音声なので自分のペースで聞けます。
その上CDも二枚構成、太っ腹!

書籍構成は、第一章から第五章の構成。。
第一章ウォーミングアップ編
第二章日常会話編
第三章旅行編
第四章ビジネス会話編
第五章文法活用編

各章は第一課から第九十課の細分化構成。
応答表現、恋愛、お礼、自己紹介、空港、ホテル、
道を聞く、食事、観光、トラブルなどの表現が盛りだくさん。

ショートフレーズからちょっと長めのフレーズ、厳選720フレーズを収録。
習いたての方、初級の方から中級の方まで勉強が出来る教材。

紹介されているフレーズを覚えると、
かなり幅広い表現力をつけることが可能ですよ。

ウォーミングアップ定型フレーズを繰り返す事で基礎固め、
第二、三、四章の練習で即戦力を付け、
第五章の文法をマスターして、表現力を倍増!
という徹底強化のマル秘戦略も心憎い教材です。

広告A

広告B

広告C

関連記事

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

記事を読む

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

記事を読む

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

記事を読む

意外な落とし穴。中国印刷屋での注意事項。フォント【字体】

日本には「キンコーズ」と言う印刷に便利なチェーン店舗がありますが、 ...

記事を読む

oishiローカルメーカーのお菓子。マシュマロ【棉花糖】

幼い時に食べていたあのお菓子を見かけてホッコリしてしまいました。 ...

記事を読む

新着記事

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

記事を読む

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

記事を読む

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

記事を読む

意外な落とし穴。中国印刷屋での注意事項。フォント【字体】

日本には「キンコーズ」と言う印刷に便利なチェーン店舗がありますが、 ...

記事を読む

oishiローカルメーカーのお菓子。マシュマロ【棉花糖】

幼い時に食べていたあのお菓子を見かけてホッコリしてしまいました。 ...

記事を読む

コメントを残す

広告A

広告B

広告C

wechat決済マニュアル
ウェイシン(wechat)使い方設定マニュアル
ゼロから始める中国語発音講座
中国語カラオケ特集
中国語を映画で学ぶ 人気中国映画を紹介
上海のローカルフード小籠包の隠れた名店を紹介
路地裏ウォッチャー
中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

意外な落とし穴。中国印刷屋での注意事項。フォント【字体】

日本には「キンコーズ」と言う印刷に便利なチェーン店舗がありますが、 ...

oishiローカルメーカーのお菓子。マシュマロ【棉花糖】

幼い時に食べていたあのお菓子を見かけてホッコリしてしまいました。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑