*

上海に出現!世界最大級巨大エヴァンゲリオン初号機。

これが意外と想像を超えてカッコよかったです。

上海にヱヴァンゲリヲン初号機が降臨!との話を聞きつけ、
目指したのは人民広場から地下鉄1号線で北へ40分の場所にある「汶水路駅」

駅の周辺は建設中のマンションが並び都市高速が建設されている場所。
「本当にこんな場所に初号機が?」と疑問を抱きつつも、
都市高速の下をテクテクと駅から歩くこと10分。

私の目に飛び込んできたのは、あまりにも巨大な紫色の巨大な背中!
p1080778

信号が変わるのを今か今かと待ちながらシャッターを押していると、
交通整理中の警察官から「お前もアレを見に来たのか?最近多いな」と一言。
p1080769

横断歩道を渡り足早に正面に向かって行くと、
私と同じくパシャパシャと撮影をしている中国人がチラホラ。
以前「エヴァンゲリオン」の登場人物の中国語をご紹介しましたが、
中国人にも根強いファンがいるようです。

正面に向かって撮影を!と思ったのですが、
いつまでたっても塀が続き、初号機が降臨している正面に到着できず。
そのためでしょう遠巻きや塀を登って撮影を試みている中国人が。
p1080773

p1080774

p1080775

私も撮影ポイントを探して24倍ズームで激写!
しかし残念ながら塀に隠れて上半身のみしか撮影できず。
それでも近くに写る人の大きさと比べても、巨大さが分かると思います。
p1080776

全体写真を撮って日本の皆さんに伝えたい!
後日、三脚を抱えて再チャレンジ!こんな写真をゲットすることができました。
大きさ、姿、設置されている背景と初号機の姿がビシっとマッチ。
ファンでもない私でもカッコイイと思いました。
p1104378

p1104389

実はこの初号機、今年の夏に開催された通称「China Joy」と呼ばれる、
「中国国际数码相互娱乐展览会」で展示されていた、世界最大の初号機フィギア。
「China Joy」とはゲーム、アニメ、漫画やコスプレなど一堂に会する展示会。

今年の「China Joy」の終了後、初号機は上海の北のエリアに移動。
この移動したエリアは、元々は工場跡地のようで、
今後「静安新业坊国际文化创意产业基地」という名称で、
映画や映像撮影の産業に関する場所として再出発。

今回初号機が敷地内に設置されているのは、
施設の目玉として先にお目見えしているようでした。

興味のある方は是非、
世界最大級の初号機を自分の目で確かめてみては?
現在敷地内には入れないようですが、外からでも十分迫力を楽しむことができますよ。

住所:汶水路と万荣路の交差点付近
地図はココから

アクセス1:地下鉄一号線「汶水路」下車、徒歩10分
アクセス2:地下鉄三号線「赤峰駅」下車、公共バス「762路」にて「赤峰駅」乗車後「汶水路万荣路」で下車。徒歩1分

今日の振り返り!中国語音源

新世纪福音战士 (Xīn Shì jì Fú yīn Zhàn shì)  新世紀エヴァンゲリオン

広告A

広告B

広告C

FACEBOOKページにご参加ください

活きた中国語を覚えよう。1190日登録率No.1中国語メルマガ。

ウェイシン(wechat)の使い方設定マニュアル入門編
特選!読んで納得の中国書籍のご紹介

書籍の題名「テレビに映る中国の97%は嘘である」

どれだけTVがあざとく、視聴者を騙し、裏切り、
したたかに報道している、そんな暴露的な内容なんだろーな、
と読む前に自己分析。

読み進めると取材はどうやって、ウラを取って、
取材に持ち込み、現地に赴き、あの手この手で話を聞き出しと、
いくらたっても暴露が出てこない。

「アレレレ」と思いながら読むのだが、
実は報道では中々伝わってこない報道の詳細な経験談。

著者が言いたいのは暴露話!的なことではなく、
取材を重ねて、ウラを取って、綿密に取材をした内容でも、
TVではその3%位しか表現できない。

時間的制約で放送できないという事を、
「97%は嘘だぁ!」と伝えられないモドカシサを、
そんな逆説的な表現を使って、題名にしたんだな、
と思いながら読み進めることができた。

記者らしい、状況を推測しながら、
その先にある真実は何かという点を一つ一つ丁寧に説明。
TVでは伝えられない取材の裏話を、
この書籍に全力投球している感がひしひしと伝わってきた。

書籍の文面の臨場感がそうさせるんだろうな、
脳みそが次のページを早くめくれと訴える。

そんな躍動感に溢れ、中国の裏表を知っている、
下手なサスペンスドラマを見るより、絶叫ジェットコースタ級。

第一章 反日デモの最前線-石原慎太郎の妄想が生んだ悲劇
第二章 中国一の金持ち村-328メートルの高級ホテルから観た異様
第三章 「ワイロ」と「マオタイ」-マオタイ酒が象徴する中国社会
第四章 チベット族と漢族-仏画を描く青海省の村で
第五章 中国の臨時従業員-毒餃子事件の犯人が生まれた村で
第六章 中朝国境-脱北者収容所までの道

中国当局に21回拘束されたテレビ東京の一筋縄ではいなかい、
アゴ長名物記者の目線で書かれた、10万部突破の1冊。

広告A

広告B

広告C

関連記事

上海で営業開始した無人コンビニに潜入してみた。無人【无人】

意外と便利。外国人の私でも購入することが出来ました。 上海の一角...

記事を読む

中国発。日本でもシェア獲得なるか。モバイク【摩拜单车】

中国で爆発的に人気を伸ばしている「シェア自転車」ビジネス。 先人を切...

記事を読む

中国生活環境に確実に合致する掃除機。ダイソン【戴森】

ホコリ舞い散る中国では人気が広がるのではないでしょうか。 地下鉄...

記事を読む

人生をかけた高考のスパイ並の試験対策術とは。不正行為【作弊】

今も昔もイタチごっこは収まりそうにありません。 現代カンニング技術は...

記事を読む

中国社会を風刺するパンダ彫刻の登場。芸術家【艺术家】

自己表現を幅が広がるのは良いことですが、芸術は奥が深いです。 シ...

記事を読む

新着記事

上海で営業開始した無人コンビニに潜入してみた。無人【无人】

意外と便利。外国人の私でも購入することが出来ました。 上海の一角...

記事を読む

中国発。日本でもシェア獲得なるか。モバイク【摩拜单车】

中国で爆発的に人気を伸ばしている「シェア自転車」ビジネス。 先人を切...

記事を読む

中国生活環境に確実に合致する掃除機。ダイソン【戴森】

ホコリ舞い散る中国では人気が広がるのではないでしょうか。 地下鉄...

記事を読む

人生をかけた高考のスパイ並の試験対策術とは。不正行為【作弊】

今も昔もイタチごっこは収まりそうにありません。 現代カンニング技術は...

記事を読む

中国社会を風刺するパンダ彫刻の登場。芸術家【艺术家】

自己表現を幅が広がるのは良いことですが、芸術は奥が深いです。 シ...

記事を読む

コメントを残す

広告A

広告B

広告C

wechat決済マニュアル
ウェイシン(wechat)使い方設定マニュアル
ゼロから始める中国語発音講座
中国語カラオケ特集
中国語を映画で学ぶ 人気中国映画を紹介
上海のローカルフード小籠包の隠れた名店を紹介
路地裏ウォッチャー
上海で営業開始した無人コンビニに潜入してみた。無人【无人】

意外と便利。外国人の私でも購入することが出来ました。 上海の一角...

中国発。日本でもシェア獲得なるか。モバイク【摩拜单车】

中国で爆発的に人気を伸ばしている「シェア自転車」ビジネス。 先人を切...

中国生活環境に確実に合致する掃除機。ダイソン【戴森】

ホコリ舞い散る中国では人気が広がるのではないでしょうか。 地下鉄...

人生をかけた高考のスパイ並の試験対策術とは。不正行為【作弊】

今も昔もイタチごっこは収まりそうにありません。 現代カンニング技術は...

中国社会を風刺するパンダ彫刻の登場。芸術家【艺术家】

自己表現を幅が広がるのは良いことですが、芸術は奥が深いです。 シ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑