上海蟹の食べてはいけない部位オスメスの見分け方と分解の方法を、
2回に分けてご紹介しましたが、自宅でどうやって調理するの?と質問メールが。

何となく面倒くさそうですし、
どんな調理方法なのか?意外に分からないかも知れませんよね。
写真に撮っていたので、非常に簡単ではありますが、ご紹介です。

上海蟹、今回はシンプルに「蒸して」食したのですが、
我が家には蒸し器なんて洒落た品はないので、
使ったのは「电饭锅(diàn fàn guō)炊飯ジャー」
炊飯ジャーの蒸し機能を使って調理をしました。

まず、歯ブラシを買ってきて蟹の全身をブラッシング。
汚れが付いている可能性があるので、水道水を蟹に当てながらゴシゴシゴシ。

表裏とブラッシングをしてその後は、炊飯器の釜の部分に水を入れて、
炊飯器に付いている蒸し用の容器に蟹をセットしてスイッチをポン!
pa313842

蟹の大きさにもよりますが、今回購入した蟹は200グラムから250グラムサイズ。
販売している蟹では結構大きい部類なのですが、今回のサイズだと15分程度。
小ぶりだったら10分程度でいいでしょう。火が通っていないとお腹を下しますからね。

蒸しあがり直後はアツアツなので、少し蒸らして粗熱を取ってから食しました。
pa313845

中国ではこの「蒸(zhēng)蒸す」で調理するのは贅沢な調理方法。
素材の味がダイレクトに出てしまいますから、
新鮮でないと食材の臭みが出ますし、そもそも味自体が良くないです。

蒸しの調理方法の一つに「清蒸(qīng zhēng)」という魚料理で用いられる調理法がありますが、
魚が新鮮で美味しくないと、本当に残念な結果になってしまいます。
活きの良さそうな素材や蟹を見かけたら是非「蒸」で楽しまれて下さい。

今日の振り返り!中国語発声

蒸 (zhēng) 蒸す

清蒸 (qīng zhēng) せいろ蒸し

スポンサーリンク