中国でビジネスをしているとアレレ?と思う事がしばしば。
日本だと先輩が後輩に指導をして、分からない事を教える、
結構一般的な話ですが、中国では後輩への指導が日本より少ないようで、
最初の挨拶の時点で違いを感じてしまいます。

ビジネスシーンで初めて挨拶を交わす場合に、
お互いの名刺交換をするのが一般的かと思いますが、
名刺の渡し方が、う~んということが。

本人は全く気にせずに起こした行動なのですが、
相手に名刺を渡す時に自分の名前を相手に向けずに、
自分の方向に見えるように渡している事。

要するに名刺を貰う側は相手の名前が逆さまになっている。
そのため受け取った名刺は、180度回転させて名前を確認する必要があります。
4313c0e1a3804b11bcb5e4eaacd8c9f4_s

日本ですと先輩の指導以外にも、ビジネスマナー的な書籍が販売されて、
名刺の渡し方や名刺の受け取り方などのレクチャーがされていますが、
ビジネスマナーに関する書籍などは、まだまだ中国では広く認知されていないのか、
名刺を相手に「逆さま渡し」というのは意外と見受けられる行動の一つです。

この作法が中国式なのかはさて置き、
中国人スタッフと同行して逆さま名刺渡しを見かけると、
後で「日本式かも知れないけどさぁー」と一言伝えてから、名刺の渡し方を教えたりします。
そうすると「そうだったのか!」と意外と喜ばれます。

喜ばれると言うことは、今まで知らなかった。もしくは気にもしてなかった、
日本のビジネスマナーには、そんな作法が存在していると思っても見なかったようで、
渡す際にも作法があるのかと、納得してくれる中国人スタッフ。

ちょっとした事ですが、こうやってビジネスマナーを一つづつ覚えていって貰えると、
他の会社に転職しても使えますし、他の中国人スタッフよりも、
多少は日本式を知っている訳ですから、日本人からの印象が違ったりします。

日本のビジネスマナーが世界の常識では無いはずですが、
良い点はどんどん取り入れていってもらいたいですね。

今日の振り返り!中国語発音

名片 (míng piàn) 名刺

商务礼仪 (shāng wù lǐ yí) ビジネスマナー

スポンサーリンク