ジリジリ蒸し蒸し。上海、夏の到来です。
こんな時は上海名物のアノ麺料理が食べたくなってくる!

上海の街には地元民に親しまれているローカルレストランが点在。
今回訪問した豊裕「丰裕(fēng yù)」と呼ばれるレストランもその一つ。
上海市内の至る場所で営業、長年地元民のお腹を満たし、舌を楽しませています。
IMG_20160728_123837

朝はワンタン、小籠包、焼き餃子など、お昼は朝メニュー以外に麺、ご飯物、
夜はカンタンな料理等を提供して繁盛している人気店なのですが、
夏の季節にだけ限定で販売が始まる上海名物の料理が。

それがこの「冷面(lěng miàn)」
日本的に考えると冷やし中華?と思いそうですが、
この料理は一切冷たくないのです。
そう温かくもなく、単に冷めている麺料理なのです。

IMG_20160728_124120

以前、紹介した中国語の「」は「冷たい」以外に「冷ます」の意味があり、
この「冷面」は「冷めし麺」という呼び方が当てはまるでしょう。

レジ横には、期間限定の冷面メニューを掲載。
IMG_20160728_123853

基本的なメニュー構成は、
麺の上に具材を一種類から二種類乗せている汁なしぶっかけ麺。
オプションメニューで追加具材もお願いできます。

麺の量は「二两(èr liǎng)」と「三两(sān liǎng)」。
この「两」というのは「50グラム」を表現するグラム単位。
ここでは100グラムまたは150グラムから選べ、別途増量も可能。
※ココでは「两」は「二」の表現ではありません。

今回私が頼んだのは「辣肉冷面(là ròu lěng miàn)」をベースに、
「银芽(yín yá)もやし」と「卤蛋(lǔ dàn)煮玉子」をトッピング。
これでお値段18.5元なり。

支払いで貰ったレシートを所定の冷面注文所で手渡すと、
麺が入った皿に特製醤油だれ、香酢、ピーナッツダレを手際よく麺にからめて、
レシートに書かれた具材をトッピング。
ほんの1分程度で完成する、上海夏の定番ランチ。

麺は平打麺でタレが良く絡みつくのですが、
最初にお伝えした通り、一切冷えていません。冷めているだけ。
IMG_20160728_123959

IMG_20160728_124003

IMG_20160728_124032
私は「もやし」のシャキシャキ感が好きなので、
トッピング定番としていつも注文。
あとはその日の気分で、お肉やキノコ、野菜などチョイスして、
うだるように暑い上海の夏を乗り切っているのでした。

医食同源の中国、基本的に冷やすと身体に良くないという考えがあるので、
古くからある定番メニューには、冷たいメニューは殆どないのです。

今日の振り返り!中国語音声

冷面 (lěng miàn) 冷まし麺

两 (liǎng) 50グラム単位、数字の二

银芽 (yín yá) もやし

卤蛋 (lǔ dàn) 煮玉子

スポンサーリンク