*

両国のトイレの使い方マナーの差。水を流す【冲水】

冲水 (chōng shuǐ) 水を流す

あるショッピングモールのトイレへ駆け込んだ時の事。
貼ってあった紙に目が止まりました。

讲文明用完,请冲水
jiǎng wén míng yòng wán qǐng chōng shuǐ
公衆道徳をわきまえるには使い終わったら、水を流して下さい。
P6233369

この手の張り紙は、男性トイレではよく目に見かけるのですが、
女性用トイレにも貼ってあるのでしょうか?

トイレ今でこそ、これでもよくなっているものの、
日本のトイレと比較すると綺麗とは言いがたい施設の一つ。
この辺は日本人のきれい好き、仕事の対する真面目さが、
表現されている部分なのかと思ってしまいます。

利用者も流したらイケないと書いているのに、
タバコの吸い殻、ガムの食べカスを、
そのまま流しているのも多く目にします。

文化が違う、生活したベクトルが違う、
教えられた教育が違うなどがあるので、
昔の日本のように諸外国を見て覚える事もあるでしょうから、
一概には責められませんけどね。

同じく利用後に水を流さないで立ち去る人も多いので、
今回のような張り紙がされているのでしょう。

日本に中国人旅行客を誘致している場合は、
今回の張り紙のような物を準備して貼り付けるのも、
多少の効果があるのではないでしょうか。

この張り紙を貼っている理由。実はこの男性用トイレの状態はこんな形。
6個あるトイレの内、3個が使用停止中。
P6233368

使える中央部のトイレの位置関係もどう考えてもオカシイ。
二人が同時に用を足すと、どんな体勢になるんだ、オイ!
トイレは水を流して、不要な品は流さずに綺麗に使いましょう。

今日の振り返り!中国語音声

冲水 (chōng shuǐ) 水を流す

马桶 (mǎ tǒng) 便器

広告A

広告B

広告C

FACEBOOKページにご参加ください

活きた中国語を覚えよう。1160日登録率No.1中国語メルマガ。

ウェイシン(wechat)の使い方設定マニュアル入門編
特選!読んで納得の中国書籍のご紹介

書籍のタイトルとなっている、「中国人が選んだワースト中国人番付」。
ちょっと過激で、よくある中国批判の書籍、と思いそうですが、
実は全体構成の六章中の二章目のタイトルを抜粋。

第一章 習近平はなぜ反日デモを抑えたのか
第二章 中国人が選んだクズ番付
第三章 死刑判決を受けた鉄道大臣
第四章 腐敗の構造と噴き出す矛盾
第五章 毛沢東を利用し、生き残りに必死の習近平
第六章 中国はどこへ向かうのか

書籍全体として、誰が嫌われていて!
と、そんな事を書いている訳ではなく、
真の目的は政府内部の腐敗と腐敗が何故、
どうやって起こるのか?そこに行き着くまでの構造の紹介。

作者は幼少期を中国の吉林省で過ごし、
戦争の影響で負傷を負い、
戦火の実際の中国を過ごした経験がある、
近代中国を知る生き証人ともいえる人物。

筑波大学名誉教授、東京福祉大学交流センター長を務め、
中国社会科学院社会学研究所客員研究員・教授を歴任された方。

書籍を通して分かるのは、
作者の中国情報に対して色濃い精通度合いと、
その一つ一つの情報が、どのように密に関連しあっているのか?
という点を、丁寧に説明している点。

作者の目を通して今後の中国政府の展開、
習近平の政策の理由なども紐解くことができる絶品の書籍。

また中国語学習者が習う「洗洗澡」、「治治病」などの単語を、
現代社会で用いられたスローガンもう一つの意味などもレクチャーしていて、
中国語学習者にも参考になる点もあり!

生まれて中国と関わり、シブトクシツコク、
中国と関わってきているという作者の情念が伝わってくる一冊です。

広告A

広告B

広告C

関連記事

意外な落とし穴。中国印刷屋での注意事項。フォント【字体】

日本には「キンコーズ」と言う印刷に便利なチェーン店舗がありますが、 ...

記事を読む

上海の大江戸温泉物語の変な単語チョイス。かわいい【卡哇伊】

この表現方法の時点で怪しさ満開です。 昨年上海にオープンして話題...

記事を読む

中国でも大人気放送中。キャラ一覧ドラゴンボール【龙珠】

日本のアニメは国境も文化も越えるのですね。 平和な世界作りにアニメは...

記事を読む

事故遭遇。中国で呼び出すと有料だった。救急車【救护车】

無料対応は日本くらいなものでしょうか。 日本も有料対応でもいいのでは...

記事を読む

孫文も愛した。レトロモダンな佇まい。総統府【总统府】

当時のノスタルジックな雰囲気が伝わってくるスポットでした。 「夫子庙...

記事を読む

新着記事

新説?紹興料理に納豆文化が根付いているのか。カビ/発酵【霉】

紹興にも、納豆の文化が有るかも知れません。 以前紹介した「绍兴名...

記事を読む

国父の愛称は実は日本由来だった。孫文【孙中山】

中国にはこんな道路や地名、名称の場所があるのをご存知でしょうか? 「...

記事を読む

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

記事を読む

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

記事を読む

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

記事を読む

コメントを残す

広告A

広告B

広告C

wechat決済マニュアル
ウェイシン(wechat)使い方設定マニュアル
ゼロから始める中国語発音講座
中国語カラオケ特集
中国語を映画で学ぶ 人気中国映画を紹介
上海のローカルフード小籠包の隠れた名店を紹介
路地裏ウォッチャー
新説?紹興料理に納豆文化が根付いているのか。カビ/発酵【霉】

紹興にも、納豆の文化が有るかも知れません。 以前紹介した「绍兴名...

国父の愛称は実は日本由来だった。孫文【孙中山】

中国にはこんな道路や地名、名称の場所があるのをご存知でしょうか? 「...

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

→もっと見る

PAGE TOP ↑