「尝尝吧! (cháng cháng ba) 味見しなさいよ!」の音声はコチラのスピーカーアイコンから。

北京到着当日は迎えの車を使って、北京にある海鮮市場へ。
非常に大きいマーケット。
歩いて全部を回ると軽く2時間はかかる広さでした。

生食のサーモン、型が良いヒラメ、アジ、
ホタテ、巻き貝、アサリや牡蠣などの貝類など、種類も豊富。
118_DSCN7337

「今年まだなら初上海蟹でも食べようか?」と言うことで、
上海蟹の店舗を回って探すことに。

見つけた上海蟹の店舗オーナーが、
自分たちの昼食用に作った上海蟹の料理を指さし、
尝尝吧!尝尝吧!(cháng cháng ba)味わってみなさいよ!
と声をかけてきました。

折角なので店に入って味見をすることに。

贅沢な鍋です。半分に輪切りにした上海蟹と、
蒸したジャガイモを混ぜあわせた鍋でした。
118_DSCN7324

118_DSCN7329

ジャガイモに上海蟹のミソが付いて、
お得な感じがしました。味もグッと蟹の風味が凝縮。

偽物もある上海蟹。

上海蟹の産地が本物か確認と、
オーナーが上海人や産地の江蘇省であれば、
上海語が通じるので、
上海人の友人、オーナーと上海語を話して交渉。

普通に上海語で会話が出来て産地確認の後に、
”値切って”無事に上海蟹を購入しました。

動いて身が痩せないように、
買うとすぐに紐で全身をグルグル巻きにして、
蟹を縛り上げてしまいます。
118_DSCN7330

縛るスピードは尋常ではない早業です。

尝尝(cháng cháng)だけではなく、
尝一尝(cháng yī cháng)として使うこともあります。

日本食を食べたことが無い中国人の友人に、
尝尝と言って一口、試食させてみましょう。

スポンサーリンク