*

ギトっ。ナゼ脂っこい外食中華のお皿の謎。脂っこい【油腻】

油腻 (yóu nì) 脂っこい

中国で外食と言えば当たり前ですが、中華料理が一般的。
ただし外食の中華で一番困るのがこんな状態の料理。

食事中の皿の状態なのですが、テカテカと光っている部分は油。
皿にこんなに油が光り輝いています。ウハッ、メタボ万歳♪
P5193271

料理や素材、店舗や場所によって、全てがテカテカ状態ではないですが、
そうは言っても多くの外食中華で目にするテカテカ。
まさしく脂っこい状態。中国語では「油腻(yóu nì)」と表現します。

こんなお皿の状態の料理以外にも、
カルビなど霜降り状態の脂がのったお肉も食べ過ぎると脂っこく感じます。
そんなお口ギドギドな状態が「油腻」

一般的に日本人は中国に来て困るのが中華料理はギトギトという点。
けど、考えてみてください。本当に中華がギトギトなのか。

敢えて外食中華と書いたのは、家庭中華は油控えめで、
非常に食べやすくさっぱりした料理が多く、外食とは大きく違うのです。
これは家庭中華を食べる機会が少ない日本人では、
なかなか分からない点ではありますが、家庭中華は食べやすい。

中国人とて同じ人間。日頃からギトギトした中華を食べて、
スリムな体型を維持できる訳がありません。

それでは何故に外食中華は油を大量に使っているか。
理由の一つに油が多い方が、料理が素早く見た目よく作れるから。
油通しをして野菜の色を出す、多くの油を使ってサッと手早く炒める、
これは油を上手に使って調理をした方が見た目と味に影響を与えます。

そして味や見た目以外に調理中、鍋に素材や調味料の素材がこびり付きにくく、
調理後の後始末が行い易いから。

そしてもう一つ。これは諸説あるのですが、
油を多く使っている事は、「非常に贅沢である」という印象があるようです。
昔の中国では油は大変貴重品だったため、大切な来賓をもてなす際には、
「料理に多くの油を使って料理をした」という話があります。
その名残で多くの油を使って調理をしているそうなのです。

確かに上海から離れれば離れる程、山間の街や日本人と出会わないような僻地に行く程、
皿に残った油が多くなり最後は食べられない、油の海状態になってしまいます。

勿体無いのは分かるのですが、
油に浮いた食材はギトギトですし身体に悪いので最後の一口!と思っても、
残す勇気を持った方が中国では得策です。

今日の振り返り!中国語音源

油腻 (yóu nì) 脂っこい

肥胖 (féi pàng) 肥満

広告A

広告B

広告C

FACEBOOKページにご参加ください

活きた中国語を覚えよう。1160日登録率No.1中国語メルマガ。

ウェイシン(wechat)の使い方設定マニュアル入門編
特選!読んで納得の中国書籍のご紹介

発売日は96年6月と既に20年近い期間が経過していますが、
今でも販売されている理由は、
アマゾン中国語文法・語法ランキング、ベストセラー第一位。
が指し示す通り。

ワタシも留学中に、何から手始めに勉強を始めればいいのか全く分からず悶々。
そんな時に中国語専攻後に留学していた留学仲間に勧められ、
中国語学習に使った虎の巻秘伝書ともいえるとっておきの一冊。

時間が経っても色褪せない原理原則の文法書とは、
まさにこの書籍のこと。Amazon評価を見ると一目瞭然。

痒い所に手が届く、「出会ってよかった・・・」
そんな中国語学習の道しるべになる最適の一冊です。

広告A

広告B

広告C

関連記事

新説?紹興料理に納豆文化が根付いているのか。カビ/発酵【霉】

紹興にも、納豆の文化が有るかも知れません。 以前紹介した「绍兴名...

記事を読む

国父の愛称は実は日本由来だった。孫文【孙中山】

中国にはこんな道路や地名、名称の場所があるのをご存知でしょうか? 「...

記事を読む

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

記事を読む

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

記事を読む

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

記事を読む

新着記事

新説?紹興料理に納豆文化が根付いているのか。カビ/発酵【霉】

紹興にも、納豆の文化が有るかも知れません。 以前紹介した「绍兴名...

記事を読む

国父の愛称は実は日本由来だった。孫文【孙中山】

中国にはこんな道路や地名、名称の場所があるのをご存知でしょうか? 「...

記事を読む

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

記事を読む

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

記事を読む

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

記事を読む

コメントを残す

広告A

広告B

広告C

wechat決済マニュアル
ウェイシン(wechat)使い方設定マニュアル
ゼロから始める中国語発音講座
中国語カラオケ特集
中国語を映画で学ぶ 人気中国映画を紹介
上海のローカルフード小籠包の隠れた名店を紹介
路地裏ウォッチャー
新説?紹興料理に納豆文化が根付いているのか。カビ/発酵【霉】

紹興にも、納豆の文化が有るかも知れません。 以前紹介した「绍兴名...

国父の愛称は実は日本由来だった。孫文【孙中山】

中国にはこんな道路や地名、名称の場所があるのをご存知でしょうか? 「...

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

→もっと見る

PAGE TOP ↑