*

ハオツー!いい加減に直してホントの発音。美味しい【好吃】

好吃 (hǎo chī) 美味しい

P39-01
日中間の誤解って、まーまーありますよね。
中国を紹介するTV番組もココ最近多くなっているように思えますが、
日本人に人気のネタと言えば、食に関する番組ではないでしょうか。

中華料理を食して一言、必ず言われるフレーズの一つとして、
「好吃(hǎo chī)美味しい」という表現があるのですが、
確実にというか100%この発音が間違えているのです。

聞くと「ハオツー!ハオツー!」と言っているのですが、間違いです。
元々テレビで紹介した際の、通訳またはコーディネーターが発端と思いますが、
カタカナで表記すると、「ハオチー」が近い音。

実際の音は今日の振り返り中国語にも掲載しますが、
「吃(chī)」はそり舌の「H」が入っているので、「チー」
「ツー」の場合は「cī」となり、訛った音になります。

「chī」と「cī」の音の違いは以下から確認下さい。
「chiの音源」

「cīの音源」

自国の言葉を他の国の人が訛ってても話してくれる。
本当は訛っているのに、と思っても、
正したくとも正せませんよね、失礼だし嬉しくって。

そんなお互いの誤りから生じた音の間違い。
この間違いがあるため、中国語の勉強を始めたての時に、
アレっよく聞いてた音と違う、と誤解を埋める作業から、
中国語と向き合う必要があります。

本来は「H」が付いた「chi」になります。
間違えないようにしましょう。

今日の無料!振り返り中国語音源

好吃 (hǎo chī) 美味しい(固形物を食べて)

好喝 (hǎo hē) 美味しい(液体を飲んで)

広告A

広告B

広告C

FACEBOOKページにご参加ください

活きた中国語を覚えよう。1160日登録率No.1中国語メルマガ。

ウェイシン(wechat)の使い方設定マニュアル入門編
特選!読んで納得の中国書籍のご紹介

広告A

広告B

広告C

関連記事

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

記事を読む

中国語にもあった一つの漢字に2つの読み。五目/多種【什锦】

2つの発音の使い方には注意が必要です。 日本でも「ベジップス」と...

記事を読む

クリーニング店で使える生活用語。アイロンをかける/熱い【烫】

一文字で意味が伝わる。中国語のいい表現の一つですね。 ご近所のク...

記事を読む

発音付き。飛行機ケイタリングで困らない使える中国語単語

アナタは英語でチャレンジしますか? それとも中国語でチャレンジし...

記事を読む

相手に自分に集中させる。会話の前に前置き一言。

先週「シチュエーション絞り込み中国語学習術」という勉強方法を、 ...

記事を読む

新着記事

新説?紹興料理に納豆文化が根付いているのか。カビ/発酵【霉】

紹興にも、納豆の文化が有るかも知れません。 以前紹介した「绍兴名...

記事を読む

国父の愛称は実は日本由来だった。孫文【孙中山】

中国にはこんな道路や地名、名称の場所があるのをご存知でしょうか? 「...

記事を読む

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

記事を読む

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

記事を読む

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

記事を読む

コメントを残す

広告A

広告B

広告C

wechat決済マニュアル
ウェイシン(wechat)使い方設定マニュアル
ゼロから始める中国語発音講座
中国語カラオケ特集
中国語を映画で学ぶ 人気中国映画を紹介
上海のローカルフード小籠包の隠れた名店を紹介
路地裏ウォッチャー
新説?紹興料理に納豆文化が根付いているのか。カビ/発酵【霉】

紹興にも、納豆の文化が有るかも知れません。 以前紹介した「绍兴名...

国父の愛称は実は日本由来だった。孫文【孙中山】

中国にはこんな道路や地名、名称の場所があるのをご存知でしょうか? 「...

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

→もっと見る

PAGE TOP ↑