*

価格高騰で男性のお財布には辛いバレンタイン。花束【花束】

花束 (huā shù) 花束

昨日2月14日は日本でもお馴染みの日、バレンタインデーでした。
中国でも同様にバレンタインデーは「情人节(Qíng rén jié)」として、
カップル同志の大切な愛を確認しあう大切な日。

以前紹介したように、中国の場合は男性が女性に贈り物を行うのが一般的。
アメリカも同じく男性から贈り物を贈る習慣のようです。

今年も駅や花屋などでは、バレンタインデー特製の花束が登場。
ウサギやクマが花の上に乗っていて、中々賑やかな花束となっています。
IMG_20160214_202135

P2142949

よーく見ると花束のバラ、これにもデコレーションしていて、
ラメがワッサワッサとてんこ盛りの花。もう少しバラ本来の色を楽しんでもいいような。
IMG_20160214_202140

P2142948

長い時間、男性からの愛の証を楽しみたいのー!そんな気持ちを反映してでしょうか、
ドライフラワー(ブリザードフラワー)で、長期間楽しめる花束も人気。
もちろん花の香りを楽しめる生花も人気です!

ちなみにお値段は花の種類や数によってマチマチ。
生花のバラは普段は1本2元程度らしいのですが、
花の生産地で有名な出荷先の昆明が降雪の影響で花が不作で5元。

バレンタインデー価格で8-10元まで値上がりしているそうです。
結構一般的な価格帯からするとお値段は高め。
本数が多い方が女性も喜ぶでしょうが、男性陣のお財布にはツライ季節。
しかし、愛は金では買えないのです!

今日の無料!振り返り中国語音源

花束 (huā shù) 花束

情人节 (Qíng rén jié) バレンタイン

広告A

広告B

広告C

FACEBOOKページにご参加ください

活きた中国語を覚えよう。1160日登録率No.1中国語メルマガ。

ウェイシン(wechat)の使い方設定マニュアル入門編
特選!読んで納得の中国書籍のご紹介

この書籍の注目の点は、
著者の中国人が中国人目線で冷静に中国人を分析、
普通は同胞について隠しておきたい問題点を赤裸々に公開している部分。

著者はプロフィールからして朝鮮族であり、
朝鮮族目線という、大多数を占める漢民族目線と違った面で物事を分析。
そのため、こんな書籍を仕上げられたのではと推測されます。

中国人の問題点は、国民素質、民度のレベルの低さ、
倫理的システムの欠如、自己反省・批判の欠如などの過激な分析から始まり、
書籍で最も重きを置いている、中国人の「混」という考え方へ展開。

中国人に必ずある「混」という思想を通して、
ナゼ彼らは一貫性が無いと思われる発言を行うのか、
日本人からしてナゼ約束を取り付けても守らないのか、
中国人である著者目線で分かりやすく紐解く的確な分析描写は、
「ナルホド」と心にシックリと染み込みます。

中国人と日本人の死に対しての死生観の違いから生じる、
参拝問題の両国間での考え方のギグシャクする部分、
他国で起きる人災・自然災害に対しての軽率な発言を通じて、
中国人の考えにある面子に対する行動判断などを鋭くエグッています。

中国人が非を認めない点、国民性の入内な欠落、
知ってるであろう出来事を、平気で「知らない」とナゼ突っぱねるのか、
など実際のビジネスシーンで日頃経験する中国人との違いの理由について、
読んでいるこちらが、そこまでオープンに公開しなくても、、、
ポロリ声を出してしまう、コストパフォマンスに優れた一冊となっています。

広告A

広告B

広告C

関連記事

新説?紹興料理に納豆文化が根付いているのか。カビ/発酵【霉】

紹興にも、納豆の文化が有るかも知れません。 以前紹介した「绍兴名...

記事を読む

国父の愛称は実は日本由来だった。孫文【孙中山】

中国にはこんな道路や地名、名称の場所があるのをご存知でしょうか? 「...

記事を読む

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

記事を読む

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

記事を読む

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

記事を読む

新着記事

新説?紹興料理に納豆文化が根付いているのか。カビ/発酵【霉】

紹興にも、納豆の文化が有るかも知れません。 以前紹介した「绍兴名...

記事を読む

国父の愛称は実は日本由来だった。孫文【孙中山】

中国にはこんな道路や地名、名称の場所があるのをご存知でしょうか? 「...

記事を読む

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

記事を読む

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

記事を読む

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

記事を読む

コメントを残す

広告A

広告B

広告C

wechat決済マニュアル
ウェイシン(wechat)使い方設定マニュアル
ゼロから始める中国語発音講座
中国語カラオケ特集
中国語を映画で学ぶ 人気中国映画を紹介
上海のローカルフード小籠包の隠れた名店を紹介
路地裏ウォッチャー
新説?紹興料理に納豆文化が根付いているのか。カビ/発酵【霉】

紹興にも、納豆の文化が有るかも知れません。 以前紹介した「绍兴名...

国父の愛称は実は日本由来だった。孫文【孙中山】

中国にはこんな道路や地名、名称の場所があるのをご存知でしょうか? 「...

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

中国語の独特な声調のルールです。 確かにこのルールが無かったら、...

聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】

アニメもですが音楽も国境を越えるのです。 タクシーが少ない時には...

男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】

「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。 彼とはもう出会えな...

→もっと見る

PAGE TOP ↑