1月2日土曜日、晴れ。
招待を受けた11時開始の百日祝い。
お祝い会場は上海の都心部からは少し離れた、
宝山区真華路のこんな建物の中にある中華料理屋「豊収日」。
上海、浙江などの料理を扱うお店です。
P1029441

主催者の友人に参加予定数を聞いてみると120とのこと。
会場はドーンと大広間!テーブルが12卓1テーブルに10席。
P1029436

今回の出席者はご夫婦の親族、友人が呼ばれての会。
仕事関係者も少しは出席していましたが、
仕事関係以上に血のつながりが強い親族や、
関係が深い友人を呼んでいるようです。
P1029438

参加人数は120名前後。
「お祝い金と費用を差し引いても5万元位は粗利がでると嬉しいな」と、
あらぬ皮算用をする主催者の友人。
出席者の数からいっても、見込める金額かも知れません。
私も忘れない内にお祝いの「红包(hóng bāo)」を渡して着席です。

ちなみに11時開始ということで、5分前に到着したのですが、
ガラーン。誰一人来ておらず!これも中国式ですね。
11時を廻った頃からバラバラと集まりだし、
ナンダカンダで12時位から箸を持ちだして開始。
P1029462

私が着席したテーブルも結局集まったのは12時過ぎ。
一部の参加者は当日キャンセルや1時間位で退席など、
この辺の堅苦しさがなく自由なのも中国らしい部分です。

中国語でいうと「随便(suí biàn)自由だ、気軽だ」という表現に当たります。

日本人だと定刻5分前には集まり、11時からピシャと開始し、
式は円滑に進み、遅刻する人は皆無に等しく、
中座など途中退席は殆ど無いというのが当然のように思えますが、
中国の場合、定刻はあって無いようなモノで、
なんとなーく、徐々に食事が始まり、気が付くと全員が集合。

友人のご両親も孫のお披露目会のために参加しています。
おっ!と思った方もいるかも知れませんが、
以前、取材でお世話になった退職ご夫婦です。
P1029479

ある程度食事が終わり始めると、パラパラと中座をする人が。
式もこの時間に終了というのもないので、
長く参加したい人は居て、帰りたい人は帰るというのが中国式。
P1029512

ちなみに同じテーブルの参加者。
12時に来て、5分で退席。理由は昨夜2時まで飲んで、
嫁さんと大げんか。今回早く帰らなければとの事。

相手のために参加をしたという「事実関係」が重要で、
参加時間など「過程」は重視しないのも中国らしさが見受けられました。
明日は式の模様をご紹介です。
P1029513

今日の無料!振り返り中国語音源

随便 (suí biàn) 自由だ、気軽だ

红包 (hóng bāo) ご祝儀

スポンサーリンク