上海の寒さ、少し湿った空気と曇った空模様で、
底冷えをする季節の到来。

中国の東北地方は冬は寒いので生活がし難いと、
誤解をしている日本人も多いのですが、
意外と上海より快適だったりするのです。

その理由は東北地方は部屋の中に
「暖气(nuǎn qì)」と呼ばれる暖房機が設置。
部屋中にパイプが繋がれていて、
パイプの中をお湯が駆け巡り部屋を温めるので、
いつでもホッカホカの状態。
nuanqi

その上、東北地方の部屋は断熱性が非常に高いのが特徴。
残念ながら上海は寒い期間が東北地方と比べて短いため、
部屋の断熱性が低く、「暖气」のパイプなどは基本的に設置されていないので、
部屋の温度は上海の方が寒いのです。

東北地方は街の至る所に煙突があって、煙がモクモクしている所があるのですが、
大体はこんな場所で水を石炭で温めて、各家庭へと運んでいるのです。
この石炭で沸かすというのも、外気が悪い一つの影響なのかも知れません。

東北出身で上海に住む中国人も上海は寒いという始末。
東北人に言わせると東北は外気は寒いが室内が暖かく、
室内に居る時間が基本的に長いので、日常生活で寒さの不便を感じないとの事。

上海の場合は低い外気も室内も寒いというのが一つの常識なのです。
節約のため室内暖房をしていない家庭も多く、
冬になると着膨れしている老人の方を多く見かけます。

昨日「羽毛布団を購入」の紹介をしましたが、
上海で寒くて起き上がった事もしばしあり、
暖气がない上海では羽毛布団は肌身離せないのです。

今日の無料!振り返り中国語音源

暖气 (nuǎn qì) 暖房器具

冬天 (dōng tiān) 冬

スポンサーリンク