「馄饨 (hún tun) ワンタン」の音声は以下から。

上海や華南地方でよく食されるワンタン。
084_DSCN6114

私も週末の遅く起きた朝は、近所のワンタン屋で朝食を取ります。
ワンタンの具材や大きさは店舗によって様々。

写真は、荠菜(jì cài ナズナ)とキクラゲと豚ひき肉が入った荠菜馄饨(jì cài hún tun)、
青菜(qīng cài チンゲン菜)と豚ひき肉が入った青菜馄饨(qīng cài hún tun)。
豚肉メインで小ぶりの小馄饨(xiǎo hún tun)、
プリプリのエビがたっぷり入った虾仁馄饨(xiā rén hún tun)などなど。
084_DSCN6116

ワンタンが飛び込むスープには、
ネギ油や油で素揚げした玉ねぎやパクチーなど
香りが高い薬味を混ぜて提供する店と、
全くの薬味なしに海苔と錦糸卵が入った
スープを提供する店舗の2系統があるようです。

上海人はそのスープにお酢やラー油、唐辛子味噌など
自分なりの味付けをして食しています。

ワンタンは上海の家庭でせっせと作られる
おふくろの味でもあります。

日本人ならワンタンというと
スープに入った物を思い出しますが、
上海では冷やしワンタンなるものが夏の時期にはあります。

茹でたワンタンを一旦冷ましごまやピーナッツのペーストに
ラー油、醤油を加え混ぜて食べます。
上海の夏は「冷やしワンタン始めました」が告知されます。

茹でたてのワンタンをスープに入れずに特製ダレで和えた、
拌馄饨(bàn hún tun)というものも。

これらは日本で味わえないワンタンの味と思いますね。
上海に来たら小籠包もいいですが、ワンタンもチャレンジしてみて下さい。

084_DSCN6121

スポンサーリンク