「狗锅 (gǒu guō) 犬鍋」の音声は以下から。

上海市内にあるレストランのウィンドウ広告。
窓ガラス一面に狗锅(gǒu guō)、狗肉大王(gǒu ròu dà wáng)と書かれています。
079_DSCN0867

画を見てお分かりと思いますが、狗(gǒu)とはワンちゃん、犬の中国語。

ちょっと可哀想ですが、中国では昔から犬を食す文化があり、
貴州などでは今でも当たり前のように鍋や煮込み、素揚げなどで食されています。

中国地方都市だけで属されるとおもいきや、近代都市と呼ばれる上海の一部のエリアでも
食される場所がまだまだ存在。
場所によっては店先に干し肉がぶら~んとある事も。
079_DSCN0868

彼らが犬肉を食す理由として、犬鍋は身体を温める効果があると言われます。
ただし写真のようなブルドックは食しません。
中国には細長い体型をした食用犬がちゃんと存在しています。

先にも書きましたがいま現在でも、
上海のローカル店舗では扱われている店も多いですし、
東北地方では冬の定番料理。

東北地方の中国人の友人に聞いた所、「当たり前に食べる」と回答が。
「犬の肉って臭いって聞いたんだけど?」っと質問したのですが、
「新鮮だと臭くないです。話してたら食べたくなった」と、即答されてしまいました。

ほんとかな。。。中国語では「狗(gǒu)」も「犬(quǎn)」も、
どちらの漢字も犬を表現する中国語なのですが、
「犬」の漢字は単独で使うことはそんなに多くありません。

「狂犬病 (kuáng quǎn bìng) 狂犬病」や、
「警犬 (jǐng quǎn) 警察犬」などの単語表現で使います。

スポンサーリンク