中華が美味い国、それは当たり前ですが中国。
朝昼晩と年間1000品目以上食べているのですが、
バラエティ豊かな中華、飽きないですねぇ。

今回は大切な人を連れて海鮮市場に潜入!
日本の築地と同じく移転騒ぎが10年前から出ては消え。
そんな日本人にも馴染みのある銅川海鮮市場へ潜入です!
中国語では「铜川海鲜市场(tóng chuān hǎi xiān shì chǎng)」

銅川海鮮市場、地下鉄11号線真如駅下車3分で行け、
日本人にもお手軽ローカルスポット。地下鉄ができて更に便利に。
ここは各店舗別に得意分野の海鮮を、24時間魚を卸しています。

そのため何店舗か見て回ってお目当ての海鮮を購入。
店舗で魚の鮮度も値段も様々。
スーパーで購入するより安価ですし、見ても楽しいですよ。
P6161360

P6161361

P6161364

P6161367

P6161369

P6161375

この海鮮市場で購入した海鮮、
自宅に持ち帰って調理を行うもよし!なのですが、
実はこの市場街に併設しているレストランに持ち込むと、
そのまま調理してくれるというサービス付き。

海鮮市場で食事をするなら、ここがベスト。
新九龙塘(铜川店)
普陀区铜川路920号
地図はココから。

レストランでは調理費用を取られるだけ。
食材の量、調理方法によって値段を取られます。
基本的に店舗のお勧めにしておけば、調理はまず間違いなし。

日本からお客様や友人が訪中した時にここは結構使えます。
理由はこの3つ。
海鮮市場の活気と迫力が面白い。
買った食材を持ち込んでご近所レストランで食べられる。
日本に比べて非常に安価な価格で海鮮中華が楽しめる。

少し中国語能力は必要になりますが、
チャレンジしないといつまで経っても中国語力は伸びません!
なので、辞書とノート片手に実践してみましょう。

今回注文した料理はこんな感じ。
タコの湯引き
ホタテの春雨中華蒸し
車海老の素揚げ
鯛の醤油煮
鶏肉の四川風
クラゲの前菜
冰草(bīng cǎo)最近中国で流行っている野菜。食感は海ぶどう。
マテ貝のにんにく炒め
などなどなど。。。14品目程度。

中国で中華、楽しみましょうね!
P6161322

P6161327

P6161334

P6161335

P6161340

P6161343

P6161344

P6161345

P6161346

P6161350

P6161354

今日の振り返り中国語音源

海鲜市场 (hǎi xiān shì chǎng) 海鮮市場

真鲷 (zhēn diāo) 鯛

扇贝 (shàn bèi) ホタテ

八爪鱼 (bā zhǎ yú) タコ

スポンサーリンク