新しいアップル製品見つけました。
間違いなく日本未発売、中国先行発売品です。

静安寺にある久光とよばれる百貨店の地下食品売場。
上海の中流層から上流層が買い物を漁っています。

正直な所、普段は行く機会がないのですが、
近所まで来たので少しぶらぶら。

我が家近所では入手困難な生で食べれる卵を買って帰ろうと、
レジに並んだ時。出会ったのですアップル製品と。

日本未発売、中国先行発売の品はコチラ!
じゃ~ん、黒地に銀のりんご模様は、アイフォンを思い出させるフォルム。
480_P6216570

この手頃な大きさと流動系には程遠いフォルム、
何のための機械なのか。マックの動向が気になります!!
480_P6216571

480_P6216573

・・・・。

・・・・・・。気づいた方もいると思いますが、
トレードマークのロゴのりんご、向きが反対。

絶対に間違いなく日本未発売のこの品。
マック製品ではなくロゴをくるっと反転させて作った他社製品。
この製品日本での用途は一部の限られた場所でしか見られません。

これ現金を数える機械。
枚数を数えるついでに偽札チェックもしてくれる優れもの。

日本だと銀行や両替商だけでしょうが、
中国は小売商には確実の設置されている商品。
みんな札を数えて偽札をチェックしています。

優れものなのに、ロゴはパクリ。この辺の感覚、分からないですよね。
こんな感じで商品開発が進んだんでしょう。

開発責任:「社長!新製品が完成しました!」
社長:「そーか、良くやった、王責任者」

開発責任:「これで倍増倍増、拡販間違いなしですね」
社長:「うんうん。機能は満足したが、デザインを追加しよう。」

開発責任:「なるほどサスガ社長!最近人気のこの携帯のロゴなど如何でしょうか?」
社長:「この林檎の模様が流行っているのかね?」

開発責任:「抜群の人気です、是非使いましょう」
社長:「そのまま使ってもいいのかね?」

開発責任:「うーん、それでは向きを反対にしてみては?
フッと見た瞬間は似ていますが、反転しているので違いますから」
社長:「なるほど、なるほどー今日は冴えているね王責任者」

開発責任:「社長、それほどでも!ありがとうございます。」

的なノリで製品にこぎ着けているような気がします。

ネットで知らべると、当たりませですがマック製ではなく、
全く関連性のない中国国内製品。

中国語ではこの機械、点钞机(diǎn chāo jī)と呼ばれます。
上海や中国でお店を開く、財務で必要、レジで必要。
必ず購入する機会があるので、覚えておきましょう。

今日の振り返り中国語音源

点钞机 (diǎn chāo jī) 紙幣計算機

现金 (xiàn jīn) 現金

假钞 (jiǎ chāo) 偽札

スポンサーリンク