通勤は基本早め、たまに遅めが信条。
早く移動しないと人民の数が半端ではないので、
乗りたくても乗れない状態が続くから。

毎日利用する地下鉄三号線は今では人気路線の一つとなり、
朝から大入り満員。そんな状態を回避するには早めの移動に限ります。

たまに遅めは、遅い方があり得ない出来事に遭遇するから。
人がいる所、必ずと言っていいほど揉め事、騒ぎがある中国。
ギューギュー状態が続く地下鉄は何かがある予感なのです。

今日は早めの移動。「はてっ」と気になった事が。
何気なく足元にあった警告を示すシートが、
昨日よりも綺麗になっていた事。

終点を終えてから作業に入っているのでしょう。
文字が見やすく、黄色の警告も鮮明に映っています。

ここに書かれる文字。

高峰时段,请勿在此停留
gāo fēng shí duàn qǐng wù zài cǐ tíngliú。
ラッシュ時間帯には、ここには立ち止まらないで下さい。
469_P60811591

469_P60811601

うーむ。立ち止まるなと言っても、
列車の開閉場所がちょうどあるし、立ち止まっちゃいます。

立ち止まる人の流れが多いからでしょう、
以前は無かったこんな開閉用ドアまで最近設置。

列車が入ってくるまでドアが閉じて、
乗車下車時にだけ開閉して飛び降りや、
不注意での線路への落下を防止する装置。

しかし設置され一ヶ月以上経つのに閉まる気配がない。
近寄ってジーッと観察すると厳重にギュッと針金ロック中。
折角設置してもこれでは意味がありません。
469_P608116111

469_P611121411

三号線は上海駅とも連結しているため、
地方からの上京者も多く何かと乗り入れで問題が発生。
ブザーがなり始め閉まり始めても無理に乗車下車があったり、
こじ開けたりと。

それを防止するためのドアでしょうから早めの対応を願いたいですね。

「高峰(gāo fēng)」とは、ピークやラッシュなど盛り上がりを見せる際に、
用いられる中国語。写真のように「时间(shí jiān)時間」が付けば、
「ラッシュアワー」となります。

「高峰」の別の意味として日本語の「高い峰」の意味が。
その為「最」を付けると「最高峰」となり、
イモト、なすびが目指す「エベレスト」や「富士山」など、
世界の最高峰、日本の最高峰など山脈を表現する事が可能なのです。

今日の振り返り中国語音源

高峰 (gāo fēng) ピーク

时间 (shí jiān) 時間

上车 (shàng chē) 乗車

下车 (xià chē) 下車

スポンサーリンク