上海旅行客があまり訪れない、
嘉定新城と呼ばれるエリエがあります。

少数派かも知れませんが日本人も仕事の関係で、
この辺に住んでいる方もいますが。

地下鉄11号線一本で市内からアクセスができる場所ですが、
上海に住んでいる日本人でも訪れる方は少なめ。

ご近所には小籠包発祥の地として有名な、
南翔(nán xiáng)と呼ばれる場所があり、
そこなら知っている!という方は多いかも知れませんね。。

この駅周辺の物件は上海市内へ通勤する中国人サラリーマンのベッドタウンとして人気。
地下鉄が出来る前から徐々に開発が進んでいたのですが、
地下鉄開通後には爆買いならぬ、地価が爆上がり。

元同僚も地下鉄開通前にマンションを二部屋購入。
数年で倍になったので、一つは売りさばいて自宅の支払いに回した。
そんな日本では夢のような景気のいい話も。

今でもこの辺は都市開発を進めているのですが、
嘉定新城を降りて目の前に広がる周辺地区はまだまだ開発中。
441_P4280906

来年にはニョキニョキと竹の子のように、
ショッピングモールなどが立ち並ぶ事が予想されます。

そんな工事現場に目をやると、ガテン系の働く男たちの姿が。
鉄骨をトラクターに積み込む男、スタッフに指示を出す男、
骨組みを黙々と組み込む男、浅黒く日に焼けた男たちが、
上海の経済発展の下支えをしているんです。
441_P4280908

441_P4280909

441_P4280910

441_P4280912

441_P4280913

441_P4280915

441_P4280918
が、彼らは間違いなく上海人ではないのです。

彼らは地方から出稼ぎに来た農民たち。
地元で農家を営む彼ら、現金収入が少ないため家族を養うために、
現金収入の見込める上海に降り立ち、こんな力仕事に従事しているのです。

彼ら達のことを中国語では「农工(nóng gōng)」と呼びます。
上海の高層マンション群の建設ラッシュは何十万、
何百万と呼ばれる彼らが支えているのでした。

今日の振り返り中国語

农工 (nóng gōng) 出稼ぎ労働者

南翔 (nán xiáng) 南翔

嘉定新城 (jiā dìng xīn chéng) 嘉定新城

スポンサーリンク