*

覚えた会話フレーズが中国人に通じない。 それはアナタの発音が問題です。

独学で覚えた発音、カタカナで覚えていませんか?
舌の動き、空気の出し方、日本語と同じと思っていませんか?

中国語のカタカナ学習は危険。
日本語にない発音をカタカナで覚えることはできません。

中国語は発音が命。
発音のポイント、日本語にはない音の説明を、
一つ一つ段階的に実際の音源などを使って説明しています。

せっかく覚える中国語、綺麗な発音を習得しましょう。

街中に出現。手軽なカラオケボックス。M-Bar【友唱】

お二人様用カラオケボックス。日本だと一人専用カラオケが流行っているようですが中国は二人用。もちろん一人でもOK。「二人だったら普通のカラオケボックスに行ったら?」と思ったのですが、このボックスカラオケだと二人の距離も近くなるので、カップルだと自然と近距離!箱の中に潜入しましたが、2つの画面とマイクとヘッドホンのセットが

続きを見る

二声が苦手!なアナタへ。留学で編み出したコツを伝授。

2017/06/15 | 発音, 中国語

私も留学して中国語を勉強中今まで日本語で意識していなかった抑揚に頭を悩ませました。二声をどうすればいいのかと。私が思いついたのが、「日本語で普通に出している音の高さで中国語を話すのが良いことなのか」という点。普段から話し慣れている日本語の音の高さを使い中国語を話しても、抑揚の部分に対応できないのではないかと思ったのです

続きを見る

中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化

2017/05/24 | 発音

中国語には独自の「声調」があるのは中国語を勉強すると始めに教わる点。「一声」「二声」「三声」「四声」。声調の「三声」は一旦音を下げて途中で音を上げるという少々厄介な音。簡単な表現でいうと「好(hǎo)良い」もしも「三声」が連続する「三声+三声」の声調の場合「二声+三声」へ声調が変化。「二声+三声」の方が発音がし易いです

続きを見る

中国語にもあった一つの漢字に2つの読み。五目/多種【什锦】

「五目」にあたる「什锦(shí jǐn)」の中国語の「什(shí)」の漢字。一般的にはこの漢字「什么(shén me)何」という疑問フレーズで登場。そして発音は「shén」なのですが、この「什」には2つの発音があり、疑問フレーズ時は「shén」、「五目」の場合は「shí」に変わります。

続きを見る

クリーニング店で使える生活用語。アイロンをかける/熱い【烫】

商品名と共に「洗烫(xǐ tàng)」、「单烫(dān tàng)」となっていますが、「洗濯してアイロンをかける」「アイロンだけ」の二種類が選択できます。また「烫(tàng)」は「アイロンをかける」意味がありますが、「熱い」や「やけど」という別の意味もあります。「好烫(hǎo tàng)」で「とっても熱い」となります。

続きを見る

発音付き。飛行機ケイタリングで困らない使える中国語単語

中国で飛行機に搭乗するとCAの方と一言二言会話を行うシーンがあります。それはCAさんが軽食やドリンクをケイタリングしてくれる時。結構ドキドキしませんか?軽食の種類を中国語で言えるかな。自信無いから英語で言うか。いえいえ語学の勉強はチャレンジする事から!ケイタリングサービス時に使いそうな単語と音声をご紹介

続きを見る

相手に自分に集中させる。会話の前に前置き一言。

母国語ではない中国語で相手に会話を伝えると相手に準備を整えてもらい集中してもらう方がベター。準備をさせて集中させるためには、どうするか?それは「こちらに興味を示させる」ことが必要。そのため本来の会話を始める前に前置きとして一言でいいので言葉を付け足す。日本語に言うと「実はですね」「あのー」「すみませーん」的な感じの一言

続きを見る

ハイヤー気分で空港移動。目的地を伝える中国語フレーズ

国慶節などで日本に戻る際にいつも連絡をするのが、タクシー運転手。前日までに連絡をしておくと、所定の時間に自宅へ迎えに来てくれます。私がお願いをしているのは、5つ星運転手の侯さん。以前この侯さんの5つ星運転手のタクシーに偶然乗車。その際に連絡先を教えてもらったのでした。中国のタクシー運転手、結構なやり手。

続きを見る

聞き取れない!中国語発音の再現は年齢が関係?

「モスキート音」というのをご存知でしょうか?年代によって高音が聞こえる聞こえないという状況が発生、若いと聞き取れる高音の幅が広く歳を増すごとに聞こえる音の幅が狭くなるのです。中国語の音が全て高音という訳ではないのですがこのモスキート音と同じく、歳を追うごとに自分の耳で音が聞き取りにくくなってしまうのではないでしょうか

続きを見る

中国人の会話の声や音が大きい理由。大声【大声】

抑揚が正しくないと基本的には相手に会話が通じません。相手に自分の意思を伝える為に四声を伝える必要があり四声をハッキリ伝えるために声を大きく出すことで四声の違いを明確に伝えることができます。普段声が小さい人でも本を読ませたりすると大きな声で話し始めます。これは会話とは違い相手に一方的に伝える読書は抑揚を更に強調するのです

続きを見る

中国語入門学習で大きく口を開けて大声を出す理由。

中国語入門の練習で違和感を抱いた人もいるのではないでしょうか?中国語の入門レッスンで必ず行なう発音練習。一通りのピンインを「ぼーぽーもーふぉー、まーまーまーまー」と発音レッスン。大きな声で発音を行ない、口は大きく開ける必要があり、日本語では使わない筋肉を使うため、レッスンが終わると口の周りが筋肉痛になってしまうことも。

続きを見る

耳から覚えるHSK単語勉強術。音声ダウンロード3級後編

2016/06/17 | 発音, 中国語

昨日のHSK3級単語150個に引き続いて本日は3級の単語後半戦、音声149個の紹介。基本的な会話に使えそうな単語は3級までに出題される単語で何とかクリアーできそうです。4級から6級の単語は残り4,400個程度あるのでまた時間を見ながらご紹介できればと思います。まずは3級までの600個の単語を耳から覚えてきましょう!

続きを見る

HSK単語勉強に音声ダウンロード3級前編

2016/06/16 | 発音, 中国語

先日のHSK1級とHSK2級の音源に引き続き3級の音源。3級の音源は299単語あるので、今回は二回に分けてご紹介です。1級から3級合わせると600個近い単語数となります。この単語を確実に覚えるだけでも簡単な会話が十分に成り立ちますね。単語の組み合わせで会話は成り立ちますからね それでは早速3級単語150個をご紹介です。

続きを見る

HSK単語学習で目標2級合格!音声ダウンロード。

HSK1級の音声ダウンロード。HSK1級は153個の単語を紹介して大好評でしたので同じくHSK2級で覚えるべき154個の単語音声を編集。HSK1級の単語は153単語、HSK2級は154単語。この単語も併せて覚えれば2級合格も生活で使う中国語の幅も広がります 前回のHSK1級の単語も併せて耳から音声を覚えていきましょう。

続きを見る

HSK単語勉強で目指せ合格!音声ダウンロード1級編。

中国語の勉強をしていると「HSK」という言葉を聞いた事が有ると思います。正式には「汉语水平考试(Hàn yǔ Shuǐ píng Kǎo shì)」と呼ばれる普通語のテスト。現在は一番下のHSK1級から6級にレベル分けされ、レベルに併せて覚える単語数というのが決まっています。この覚える単語の音源が教材には全て網羅

続きを見る

ハオツー!いい加減に直してホントの発音。美味しい【好吃】

必ず言われるフレーズの一つに「好吃(hǎo chī)美味しい」という表現があるのですが、確実にというか100%この発音が間違えているのです。聞くと「ハオツー!ハオツー!」と言っているのですが、間違いです。元々テレビで紹介した際の、通訳またはコーディネーターが発端と思いますが、カタカナで表記すると、「ハオチー」が近い音。

続きを見る

意外と知らない。味覚の表現方法。素材本来の旨味【鲜】

「鲜(xiān)」の表現、ここでは「新鮮」ではなく、魚自体の味について意味を表しています。「素材自体の旨味がよい」そんな表現。肉や魚など素材の旨味が引き立っている場合また素材本来の味を活かした料理などを食べた際に「很鲜的(hěn xiān de)とっても素材の味が活きているね。旨味が引き立っているね」と使われる一言

続きを見る

イブにバカ売れリンゴの理由とは。クリスマスイブ【平安夜】

「クリスマスイブ」の中国語は「平安夜(píng ān yè)」「りんご」の中国語は「苹果(píng guǒ)」中国には「谐音(xié yīn)」と呼ばれる字音が同じや発音をもじる事を重要視。イブとりんごも同じような関係性がありイブの中国語には「平(píng)」、りんごの中国語には「苹(píng)」と同じ音が入っています

続きを見る

中国語の打不留や爱克斯は何て読む?アルファベット【英文字母】

私が中学校時代英語の授業でカタカナを使ってアルファベットの読み方を勉強しました。中国人はどーやって覚え始めるのだろうかと。調べてみると面白い結果が。やっぱりまずは中国語のピンインや漢字を充てて、アルファベットの呼び名を勉強することがあるようです。いろいろとサイトを調べてみたのですが、2つの呼び方を見つけたのでご紹介。

続きを見る

57画の超難読漢字の陝西名物麺料理。【biang】

最近の中国ネット界を騒がせている漢字があります。それはこんなピンインの漢字「biang」うわーお!繁体字で書くとその画数57文字、簡体字だと42文字。残念ですが、この漢字はパソコンで表示できません。私達が普通に習う中国語のピンインにも「biang」という音は、音階表記には存在しないのです。

続きを見る

唐揚げとんかつフライドポテト。揚げる中国語表現。油で揚げる【炸】

訛った中国語を話す人は「H」が抜けるので「ざー」と発音。ヒアリングして覚える際は注意しましょうね。「炸」を使った食品名称、日本人に馴染みの多い品が。「炸薯条(zhá shǔ tiáo)フライドポテト」、「炸鸡块(zhá jī kuài)唐揚げ」、「炸猪排(zhá zhū pái)とんかつ」など。

続きを見る

中国語で私、あなたの尊敬、彼と彼女の音源公開。私【我】

自分のこと、相手のことを示す時に、必ず使う人称代名詞。中国語にも日本語と同じように、もちろんあるのですが、日本のようにバラエティ豊かではないようです。日本だと、自分自身を表現する単語は、私、ワシ、俺、僕など。あなたを表現する単語は、貴方、貴殿、君、貴様など。我(wǒ)私你(nǐ)あなた您(nín)あなたさま他(tā)彼

続きを見る

魔法表現可以の意味。活用表現、还可以と都可以。できる/してもよい【可以】

会話をして相手に色々な了解を取り付けたい。問題ないか、これやっていい?と確認したい。タクシー運転手に乗っていいか確認したい。閉店してそうなレストランで食事してもいいか確認したい。こんな悩みを解決してくれる、魔法の万能単語があるんです。それは「可以(kě yǐ)」意味は「できる」「してもよい」と可能を表現

続きを見る

中国語の「en」と「eng」を無料音源で比較確認。

「an」と「ang」と同じように、似ている発音で日本人が苦手として、聞き取りにくい音「en」と「eng」も分かり難い。この二つの音の違いは舌の位置が関係。「an」と「ang」の関係性と似ていますが、日本語の音で位置の違いを再確認!「縁日(e n ni chi)」と「縁側(e n ga wa)」この単語をゆっくり発音を!

続きを見る

日本人が意外と聞き間違えるcとkの発音比較。

「k」と「c」の発音の比較をご紹介。パソコンで日本語を打ち込む際に、「k」と「a」をパチパチ入力すると「か」、「c」と「a」をパチパチ入力すると「か」。どちらも同じ「か」と変換。例えば「キャノン」の英語表記は「Canon」その為なのか、「ca」の表記を見ると「キャ」と連想。しかしパソコンで入力する時は「k」から始まり。

続きを見る

中国語のHありとHなしの発音を無料音源で比較

独学で中国語を学ぶ日本人が陥りやすく、知らず知らずに習慣になってしまう点。それは「H」が付いた発音の間違い。中国で生活をしながら街に溢れる音を聞いて勉強するそれはそれでサバイバル的に力が付く語学方法ですが、中国人の誰もが”発音が良い”訳ではないことを、頭のスミに覚えておく必要があります。特に華南などは発音に方言が交じる

続きを見る

買う?売る?発音で意味大違い。売買【买卖】

ピンイン一つで意味が違う。中国語に最大の特徴。身近に用いる代表的な単語でも全く意味が異なる単語が。「買う」と「売る」のピンイン。買うは「买(mǎi)」、売るは「卖(mài)」「買う」は三声、「売る」は四声。続けて読むと「买卖(mǎi mài)」、日本語だと「販売」「买卖(mǎi mài)」言い慣れ聞き慣れないと結構面倒

続きを見る

無料公開。音源聴いて聞き分け「in」と「ing」

中国語の発音で違いが分かり難い発音と言えば、「in」と「ing」の違いも日本人には聞き取りにくい発音の一つ。日本語に置き換えて考えてみましょう。「in」の場合は、「因縁(in nen)」を発する時の舌の動きと位置に注目。「ing」の場合は、「因果(in ga)」を発する時の舌の動きと位置に注目。

続きを見る

音源比較。日本人が苦手な「ri」を間違えやすい「li」と聴き比べ。

日本人が必ず使うことになる発音「ri」。それなのに日本語には無い発音。これを習得するのは非常に大変です。何故使うかというと「日本」の「日」の発音は「rì」だから。無料で音源公開と発音の仕方を簡単にご紹介。聞き間違えやすい「li」の音も紹介していますので、聴き比べてみましょう。

続きを見る

無料音源公開。日本人が苦手とする「e」に関する発音。

日本人が不得意な音「e」発音がアルファベットの「e」なので、 どうしても「エ」と認識してしまいますが、全く音が違います。 クチビルの形は「イ」の形。音の出し方は「ウ」の音。音は口元や喉からではなく、腹の底から出すように。クチビルにチカラを入れながら、腹のそこから空気を出す、クチビルの形は変えずに「ウ」と発します。

続きを見る

広告A

広告B

広告C

広告A

広告B

広告C

wechat決済マニュアル
ウェイシン(wechat)使い方設定マニュアル
ゼロから始める中国語発音講座
中国語カラオケ特集
中国語を映画で学ぶ 人気中国映画を紹介
上海のローカルフード小籠包の隠れた名店を紹介
路地裏ウォッチャー
上海で営業開始した無人コンビニに潜入してみた。無人【无人】

意外と便利。外国人の私でも購入することが出来ました。 上海の一角...

中国発。日本でもシェア獲得なるか。モバイク【摩拜单车】

中国で爆発的に人気を伸ばしている「シェア自転車」ビジネス。 先人を切...

中国生活環境に確実に合致する掃除機。ダイソン【戴森】

ホコリ舞い散る中国では人気が広がるのではないでしょうか。 地下鉄...

人生をかけた高考のスパイ並の試験対策術とは。不正行為【作弊】

今も昔もイタチごっこは収まりそうにありません。 現代カンニング技術は...

中国社会を風刺するパンダ彫刻の登場。芸術家【艺术家】

自己表現を幅が広がるのは良いことですが、芸術は奥が深いです。 シ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑