中国人って優秀だなぁーと思うのは、
英語など外国語に強い人が多い事。

外国人が多いお土産屋などの前をスーッと通ると、
片言でも英語、日本語などを使ってどうにか、
見込み客に伝えようとする意思が強いこと。

サバイバル外国語とでもいうのでしょうか、
必死さが覚える言葉というのはやはり強いものですね。

そんな上海の街には子供向け、大人向けいずれにしても、
外国語を学習する教室が多いのに驚かされます。
そんな外国語学習で人気ナンバーワンはやはり英語。
PB182698

元々学校でも英語の学習意欲が高い中国人。
日本人は授業で勉強しているのにどうして話せないの?
と質問をされると汗がタラリ。いやー恥ずかしい限りです。

そんな彼らが中国語を学ぶ時にまず初めに覚えるのは、
当たり前ですがアルファベットから。

私が中学校時代、英語の授業でカタカナを使って、
アルファベットの読み方を勉強したのを思い出しました。
はてっ、同じように中国人はどーやって覚え始めるのだろうかと。

そこで調べてみると、面白い結果が。
やっぱりまずは中国語のピンインや漢字を充てて、
アルファベットの呼び名を勉強することがあるようです。
いろいろとサイトを調べてみたのですが、
2つの呼び方を見つけたのでご紹介。
583-001

583-002

583-003

583-004

「W」の音が中国語で表現すると「打不留(dǎ bù liú)」
「Q」の音は「可优(kě yōu)」、「X」の音は「爱克斯(ài kè sī)」
と結構ムチャしてます。

音源で表現してみると、こんな感じになります。

カタカナ表記で覚える日本的な英語の発音が良いとは思いませんが、
中国語ピンイン変換の英語の発音も結構強引な感じがしますね。

今日の無料!振り返り中国語音源

英文字母 (Yīng wén zì mǔ) アルファベット

スポンサーリンク