香港人も中々のテクニックをお持ちですね!

東京での移動。
何気なく車内の広告を見ていると「香港」の文字に目を奪われました。

広告に記載されていた内容は「香港ミニチュア展」の文字。
香港人のミニチュア作家による香港の街並みが展示されているようです。

当てのない東京滞在。折角なので向かってみることに。
場所は東京駅横の「KITTE」で開催されていました。
どうやら三年前にも池袋で開催されたようで、
今回の展示会の作品には日本初お目見えの作品も。

香港の昔ながらの場面を再現しているミニチュア作品なのですが、
本物をスモールライトで縮小した!ほどの精巧な作品。

どの位のサイズなのか、ちょうと私の横で覗き込んでいた方と比較。
作品のサイズ感がよく分かると思います。

息を呑んで、ただただじーっと見ていたのですが、
ガラス張りの箱の中に展示されている作品群、撮影自由と嬉しい所。

正面からの撮影に飽き足らず、天井部分からも撮影してみたのですが、
実際にドローンで飛行撮影したかのような世界観。

別の作品も同じように天井から撮影したのですが、
テーブルに置かれた写真一枚一枚までもミニチュアとして再現。
ここまで精巧に作れる技術に驚きでした。

香港も昔ながらの街並みは徐々に少なくなっているのでしょう。
写真で残すだけではなく、このように三次元の作品で当時の面影を残すのも、
非常に温かみが感じられ素晴らしい展示会でした。

既に展示期日は終了していますが、WEBサイトがありますので、
ご興味がある方は以下から。より詳しくミニチュア製造過程などが分かりますよ。

香港ミニチュア展

サイト内ではユーチューブの動画を見ることが出来ます。
※動画内の説明は広東語となっています。

今日の振り返り!中国語発声

小模型 (xiǎo mó xíng)  ミニチュア

香港 (Xiāng gǎng) 香港

スポンサーリンク